Digital Madousho 
Moi dix Mois Manaの魔導書(会報)が、デジタル版となり復活 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Digital魔導書 vol.4
Digital魔導書 ver.4

Mana様のシアトル紀行 前編





Moi dix Moisが毎年開催される、北アメリカ最大のアニメコンベンションSAKURA-CON 2012のミュージカルゲストとして呼ばれた。

m写真320

Moi dix Mois初のシアトルへの旅、はたしてどんな冒険が待ち受けていたのか…

腐腐腐・・・

さぁ濃密だった旅を回想していこうではないか!







Moi dix Mois SAKURA-CON  2012 4月6~8日 

IMGP0058-1-300.jpg
(SAKURA-CONのパンフレットと共に)

日本では桜が咲き始めの頃の出発だったので、花見は出来ずに渡米することとなったのだが、
ちょうど、イベントがSAKURA-CONなので、向こうで桜を楽しむか!と意気込んで旅立ったのだ。







◇旅立つ前日の儀式



私は、海外等へ旅立つ際には、カレーを食してから日本を旅立つ。
いわゆる世間で言う?「死に際のカレー」なのだ。
わかるかな?飛行機に乗るということは、死と隣り合わせなのだ。
よく、飛行機事故に比べ、日常の自動車事故の方が遥かに遭遇率が高く、
飛行機はもの凄く安全なのだと言われている。
私に、そんな安全論なんて通用しません。
私は、ただ怯えているわけではないのだ、私は飛行機に関する書物を読みあさり、
飛行機の構造や仕組み、今までの事故の記事、何故事故が起こるのか?等、
色々知った上でなのだ。

本200z
(そんなの読むからだ!と思うでしょ?、探求をしてしまうのがが私の性「サガ」なのさ)

地面に足が付いて、自分で舵が取れる自動車事故と、高度1万メートル以上で起こる密室である飛行機。
乗客は完全に無力な状態での恐怖とは、話が違うのだ。
なので、私はパイロットが重傷で操縦不能になった場合を想定して、
飛行機の操縦法の本を見たり、フライトシミュレーター等で、一応の操縦法をシミュレーションしているのさ。
まぁ実際の操縦に耐えられないだろうけど、何もせず分け分かんないまま死んでいくのはいやなのだ~(〃>д<)、;'.・
と、飛行機の話はこのくらいにしておいて…

そう、私にとってカレーというのは、完全なるソウルフード。
恐らく、スパイスの奥深さを知り、スパイスマジックにかかっているのだろう。
私が幼き頃、スパイスの奥深さを知るきっかけになった、漫画「包丁人味平」のカレー戦争の項を是非読んで頂きたい。







◇シアトルへ出発当日






成田へ到着!



ここに来ると、海外へ行くんだなと実感する。

写真-12-04-05-14-06-19-300

待ち合わせ時間は、けっこう早めだ。
何故なら、我々は機材等普通の人よりも物が多いため、荷物検査等で何かと手こずる事があるのである。

IMG_0905-190.jpg

なるべく減らすようにはしているんだけど、なかなか難しい。
いつも海外へ行く場合、スタッフ込みで持っていくものの大ミーティングが行われる。

飛行機が飛ぶまで、少々時間があったので、日本での最後の食事をすることに。
ここでは、さようなら日本ということで、ザ、日本食「お寿司」を食す。
「これで、もう思い残す事が無い…」と心で呟き、飛行機へ搭乗するのであった。

さて、飛行機の旅を快適にする為に、マイiPadに、Mac、料理、珈琲等のデジタル雑誌を事前にたっぷり入れてスカイライフは準備万端。
いざ、離陸!
なんか今回の飛行は、離陸時からけっこう揺れまくり、なんだか嫌な前兆。

…嫌な予感的中。
後ろが幼児だったので、うるさいのなんの。
母親も、子供がドンドンしたりするのをあんまり悪いと思っていない様な素振りで、
子供を怒らない。ゆとり世代か?
それに加えて、結構揺れる飛行機。という感じが続いたので、ほぼ寝る事が出来なかった! ガ━Σ(-`Д´- ;)━ン!

地図240


そうこうしているとシアトルへ到着!

s写真-1-150











◇シアトル1日目





外の気温はやはり日本に比べ肌寒い。

ついた瞬間は小雨がパラパラ…


さて、第一関門の入国審査。


案の定、入国で見た目怪しいからか、質問攻めに合う。
ネイティブ英語で次々言われても聞き取れないよ ・゚゚・(´Д⊂ヽ

…まぁどうにかOKになったけど。

その後に、ローディーのT氏が、完全に入国で足止めを食らう。見た目、我々Moi dix Moisより怪しくないんだけどな~何故だろう?
なんだかんだ少々足止めされたが、無事全員シアトルへ入国。




シアトルに着くと、SAKURA-CONの方々のお出迎え。
巨大なシャトルバスにてホテルへと移動。

bus-260.jpg
(バスに荷物を積み込むローディーT氏)

このバスへは今回SAKURA-CONへ呼ばれたゲスト達も一緒に乗るようだ。
そうこうしていると全員が揃ったかどうか、点呼が始まる!
名前を呼んでいるけど、バスの中で反応がイマイチなく…、微妙な点呼を終え、
出演者の方々と共に、バス出発!

走り始め、景色がいい感じになり、名所が見えてくるとになってくると、やはり車内の人々が一斉に写真をとり始めるのだ。(微笑)
IMG_0911-230.jpg
(バスから ( ・ω【◎】パシャッ、シアトルマリナーズの球場)

今や、デジカメよりほとんどiPhoneが占めていた。時代だね。
私は、デジカメ&iPhoneの二刀流だ。

今回のSAKURA-CONスタッフの中のノリの良い、アメリカ人D氏が、自分のiPadをこちらに向け、Moi dix MoisのLIVE映像を嬉しそうに流し始める。
ノリがアメリカ!て感じで楽しくなってくる。 ヽ(*´∀`)/






ホテルに着くと、この初日が一番時間があるので、割とすぐに観光へ出かける事に。

hotel250.jpg

ホテルの前のビルの間から、海が見える。
う~ん美しい光景だ!

hotel270.jpg

ますは、シアトル名物のシーフードを食しに、SAKURA-CONスタッフに案内され、Moi dix Moisメンバー、スタッフでゾロゾロと観光メインストリートへいざ出陣!



初めてのシアトル。キョロキョロする我々。端から見ると、お上りさん御一行!
(/ω\*) ハジカシー

IMGP0002-350.jpg
(私の髪と同じ青~い木!( ・ω【◎】パシャッ、もう何でもパシャパシャ (´∀`〃)ゝキャハ)

歩いていると、突然の雨に襲われる。シアトルではよくあることみたいだ。

IMGP0006-300.jpg
(海が見えて来た。観光ストリート地帯へ…)




観光のメッカの海沿いのレストランへ。

IMGP0015-270.jpg


シーフードがメインなので、私はメインをキングサーモンにしてみた。

なかなか想像つかない盛りつけ、プルーンと共に。
私はフルーツとの組み合わせ好きなのでいい感じ。

人によってはニューヨークステーキ、イタリアンパスタの人も。
Σ(゚Д゚≡゚Д゚)良いのかいシアトル名物じゃなくて?
でも、流石シアトル。ステーキもパスタも海藻がちりばめられていた!
いえーいseaweed!

k200.jpg
(クラムチャウダーはとっても濃厚)

結局、海外ツアーにくると太る~ ・゚゚・(´Д⊂ヽ
しかし、La 包丁貴族の私としては、世界各国の料理は堪能したい~!








腹ごしらえも済んだ所で、スターバックス1号店にレッツゴー!





東京で、シアトルコーヒーをいつも飲んでいるので、
是非とも1号店には行かないと!
まぁ、観光客の皆、ここに行くのがお決まりみたいだが。。。

日本では、それなりにタリーズは進出しているが、このシアトルでは
完全にスターバックスの独壇場だった。

_MG_8197-350.jpg

IMGP0022-230.jpg

スターバックス1号店に到着すると、
店の前でなにやら演奏している人達が。
とてもにぎやかな感じで、日本と空気感が違うね。

IMGP0026-230.jpg
(ラテ、2プリーズ!と言っているのではなく、ただのピースである)


スターバックス1号店の中は、凄い人。
皆、観光客なのだろうか。

なんとか無事ラテを買い、外で旧スタバの看板を見ながら
(,,>_<) ゴクン。
う~ん本場は違うね!ほんまかいな。

IMGP0032-250.jpg
(シアトルの日光にさらされて青が映えるね)


IMG_0938-170.jpg
(赤いお方も記念に (  ・ω【◎】パシャッ)








本場のスタバを体験したあとは、
スペースニードル 展望タワーへレッツゴー!







IMGP007-200).jpg

ここから少し離れているので、バスにて移動。


IMGP0044-300.jpg

移動途中に、シアトルさんの銅像?の前を通った。

IMGP0047-250.jpg
(スペースニードル前にて、これから登るぞ!と意気込んでいる)






いざ、エレベーターに乗り込み、
ス~と高速で上がっていく。
高い所あまり得意ではないのでちょっと ((>д< ;)))ガクガク…

IMGP0070-400.jpg

外に出て360°見渡せるので、気分爽快!なかなか良い景色だった。

IMGP0060-350.jpg

あのビルゲイツの家が見えるらしい。

IMGP0053-220.jpg
ちなみにこの指の方角ではないよ。 (+_+)







その後は、この下にあるミュージアムへ。

そこでなんと、MOTLEY CRUEの写真集が!
Hayato君が、「ひょっしてこれ好きなやつでは?」と発見してくれました!
しかも、私が一番好きな、Shout at the devil時の写真満載!

IMGP001-200).jpg
( ワ─+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚─イ♪)


IMG_0964-180.jpg
(ビーストはNIRVANAがお好き?)

IMG_0969-220.jpg











この後、はSAKURA-CON会場へ。








SAKURA-CONスタッフへのサイン会と、ライヴの下見を行うのだ。

会場へ向かうため専用シャトルバスを待つのだが、大渋滞に巻き込まれ大幅に遅れて到着。
結果、SAKURA-CON会場には大幅に遅れてしまい、
スタッフサイン会時間が過ぎてしまった。
仕方が無いのでこれは最後の日に回す事に。

その後、下見をしにステージへ、


IMGP0064-300.jpg

なかなか広い会場で両サイドに大スクリーンがあるのだ。

IMG_0975-380.jpg

指定してある、機材がちゃんと届いているか等の確認をしたり、ライヴの為の現地スタッフ達とのミーティング。

IMG_1025-300.jpg

なんだかんだ、色々あっあけど、なんとか無事に
ライヴ会場下見を行う事が出来てこの日は終了。

sugiya君がさりげなく会場の雰囲気が分かる写真を撮っていてくれて
流石執事、気が利くね。助かります~。 <(_ _*)>










行きの飛行機で寝れなかったので、早めに就寝!とおもいきや
2時間くらいで目が覚めて、それ以降眠れなかなったので、
深夜丑三つ時からレコーディングアレンジ作業を開始!

IMGP0083-240.jpg

待って来たMacに、KORGのミニキーボードを繋いで、シーケンスソフトの
デジパフォを立ち上げる。
部屋に備え付けの、エスプレッソマシンがあったので
エスプレッソを堪能しつつ、作業は続くのであった…

IMGP0079-160.jpg

そうこうしていると、夜明けを迎えた。
















◇2日目スタート








この日は、朝からオープニングセレモニーがあるので、早朝お風呂に入りメイク開始!

写真-12-04-06-20-51-47-240

写真-12-04-06-21-54-34-200

せっかくなので、バスローブ姿を撮ってみた。 (。-д-。)ゞヘヘ…

ヘアメイクをしていたので、朝食はレストランへは行かずルームサービスで、
アメリカンブレックファースト!

そして、支度を終えると、衣装を着たまま集合場所のホテルのロビーへと…





Sugiya執事と共に、ちょいと早めにロビーに降りて、時間があったのでロビーで写真を撮りまくってみました。

IMGP0002-1-300.jpg
(メインソファーにて ( ・ω【◎】パシャッ)

IMGP0012-1-360.jpg
(なかなか装飾具合がいい感じのホテルだろう?)
IMGP0003-350.jpg

IMGP0006-1-200.jpg
(ホテルにて執事始めました)









そうこうしていると、皆集合したのでシャトルバスへ乗り込む!







IMGP0016-300.jpg
(Rock(ロックと書いてワルと読む)は後部座席を陣取る…とSugiya執事が申しておりました)


IMGP0024-330.jpg
(続々と後ろを占領していくワル達(微笑))








SAKURA-CON会場へ、いざ出陣!






_MG_6538-300.jpg




会場に着くと、アニメやらのコスプレをしたセキュリティーの方々がお出迎え。
なかなか楽しい気分になってくるね。

_MG_6386-300.jpg
(メイン?セキュリティーの方と ( ・ω【◎】パシャッ いい雰囲気だろう?)





SAKURA-CON会場の様子


_MG_6722-300.jpg

_MG_6727-300.jpg

_MG_6732-300.jpg
(皆、楽しそう! 日本アニメをこんなに愛してくれて嬉しいね)











オープニングセレモニーが行われる大会場へと。









◆ Opening Ceremonies





_MG_8273-350.jpg
(Moi dix Moisがモニターに写し出された)




バックステージに待機するのだが、その付近は真っ暗でほとんど見えない ( `-ω-)?

_MG_6265-400.jpg
(バックステージにてSAKURA-CONアイコンをバックに記念撮影!)





オープニングの段取りを聞いていないので、打ち合わせをという事になっているのだが、
一向に打ち合わせが始まらない。
そうこうしていると、オープニングセレモニースタート!

ええ~ Σヘ(○д●)ノ


続々とゲスト達がステージへ…



ぶっつけ本番で段取りはいまいち分からず、壇上へと行くのであった…



_MG_6304-450.jpg

私たちMoi dix Moisは一番最後列。
前列の方達からマイクでスピーチが始まる。

私の横が分島花音で、彼女がスピーチを終えると、慌てた様子でマイクは後ろのスタッフに渡す。
直接私に渡してくれても良かったのだが、後で彼女に聞いてみた所、私が喋らないキャラなので、マイクを渡すのは失礼だと思ったらしい。
たしかに。



そして、スピーチは我々Moi dix Moisの番!




お約束の耳打ちをすると、『わー!と歓声!』やはり皆これを待っていたのか。

_MG_8315-330.jpg
腐腐腐・・・吹き出し内はイメージです。


そして、BEASTが流暢な英語でハードに攻め!!!

_MG_8319-300.jpg



我々は邪悪な印を天高く上げる!!!

_MG_6351-300.jpg


我々につられたのか、h.NAOTO氏も手を挙げていたぞ。

それに答えるオーディエンス達!

_MG_6362-300.jpg



なんだかんだ上手く盛り上がったところで、退場!












次のパネルまで時間が空くので、一度ホテルへ…


ホテルの部屋で、リズム隊達とRepriseに収録する曲のアレンジあーでもない、こーでもないと確認をしながら。
ルームサービスのアメリカンサンドイッチを食す。

一息ついたところで、会場へと…














◆ Panels(質疑応答)






_MG_6402-330.jpg
(まるで記者会見みたいな)




このパネルって、けっこう緊張するんだよね。
たまに想像つかない様な質問が来るから。

私は、向こうの通訳の方とK君のダブルスタンバイで。

_MG_6443-220.jpg

ノリで答えるバージョンなんかはK君のほうがいい感じなのだ。
例えば、好きなバンドは?の場合。

K君に邪悪な声で「スレイヤー!!!」と叫んでもらい、
同時に邪悪なポーズでジェスチャーしたり。



そして今回、向こうの通訳の方を通して、新たな伝説が生まれたのだ。

アメリカの好きな所は?という質問がきて、
私は、向こうの通訳の方に、
「アメリカはノリがよくて最高だぜ!」という内容を伝えたのだけど、
英語で、「シーウィード、シーフード」という単語が聞こえて来て、
「あれっ、私そんな事言っていないけど ( `-ω-)?」と思ったんだよね。

だけど、お客さんはなんかウケていて!

写真-12-04-07-5-53-57-450a

なんと、「ノリが良い!」を「海苔、が好き!」と訳されてしまい、
「海苔、海藻、シーフードを食べて最高!」
と英語で訳されてしまったようだ(笑) (^O^)アハハ!!

う~ん一つ勉強になった。ノリ!という言葉は通用しないということを。

ということで、「シーウィードってたぜ!」と独白で言っていたのは、
「ノリ!ノリ!だぜ!」という、シアトルで生まれた新流行語なのさっ!






「パネルの洗礼…それは、会場を一瞬にして静寂にしてしまう答えを思わず言ってしまうこと」



今回、Seth&Hayatoは初のパネル。
(前回のL.Aで行われたアニメエキスポ(AX)でのパネルは都合により欠席だった)
特に、Seth君はパネルの洗礼を受けて、返答に悪戦苦闘していた。 (;゚∀゚)
前回の、AXの時はSugiya君がパネルの洗礼を受け、すっかり落ち込んだらしくて、
今回は、リベンジすべく、予習、復習をして挑んだみたいだ。
なので、なかなかいい感じの回答をしていた。

_MG_6429-350.jpg


私は、回答で一つ「しまった!」というのがあったのだ。

好きな飲み物は?という質問に、
他のメンバーは「ビール」等で答えていて、
私は思わず、前の夜の食事の際に「コーラ」を飲んでいたので、
うっかり「ペプシ」と言ってしまったのだが、
本来は、シアトルに行く前から「本場のシアトルコーヒー」を楽しみにしていたので、
「シアトルコーヒー」と答えたかった所だ。 (ー_ー;)







そんなこんなで、楽しいパネルは終わり、
サイン&握手会へ










IMGP0026-200.jpg
タイムスケジュールが多々ズレるので、
空いた時間に鉄棒?で軽い運動をしてみたり(笑)
















◆ Autographs(サイン会)








_MG_8414-350.jpg

K君のiPadをスピーカーに接続し、会場にMoi dix Moisサウンドが流れる♪

_MG_6488-250.jpg

_MG_8454-300.jpg
(流石SAKURA-CON!様々な装いの方達が並びます)

_MG_6492-330.jpg

はるばる、アメリカ以外の国から来た人も多かったみたいだ。
サンクス!











サイン&握手会が終わると、SAKURA-CON展示ブースの様子が見たかったので
セキュリティーの方々と共に展示場へ繰り出す。



_MG_6520-330.jpg
(会場を練り歩くMoi dix Mois御一行)

_MG_6524-200.jpg
(Moi dix Mois物販ブースで記念撮影)










この後は、ハードロックカフェにて行われるゲスト達が参加するディナーパーティーへ。










◆ Guest reception dinner Hard Rock Cafe






_MG_6608-200.jpg

IMG_1006-180.jpg
(ハードロックカフェの前にて)

_MG_6615-400.jpg

_MG_6622-230.jpg

IMG_3453-200.jpg

ゲスト達とのちょっとしたパーティーらしく、
席にてドリンクを頼み、まったりハード?にカフェってると…



司会者が登場し、
ゲストが次々とハードロックカフェのステージに呼び込まれる。
そして自己紹介をはじめる。



そんな事をするのは、ここに来て知る Σ(-`Д´- ;)
ということで…





_MG_6663-450.jpg

こんな感じで攻めて見ました。ほんとはちょっぴり違うけど。 (^O^) 


自己紹介ってなんだか新鮮!




_MG_6674-300.jpg
(なにはともあれイベント1日目が無事…終わってないけど…乾杯dix!)


_MG_6675-300.jpg
(やはりロッカーはビールですか!)


_MG_6676-300.jpg
(コーラで弾けてるぜ! by ビースト)


_MG_6669m-300.jpg
(初共演ということで記念に分島花音と)

これを読んでいる人は恐らく知らない人はいないと思うけど、
一応最近ファンになった人もいると思うので。
分島花音は私が以前プロデュースしていたアーティスト。
同じステージに立つのは今回が初めて。
今回のシアトル出演で、久々に合ったのだが、首からペンタックスの一眼レフを下げていて、
知らぬ間にカメラ女子になっていた。 (°□°)



_MG_6652-650.jpg

軽いお食事をつまみながら、ハードロックな場所で飲めや歌えやのロックパーティーさっ。

_MG_6625-shita400.jpg
(ちょっと雰囲気ある写真を撮ってみたり)




雰囲気を楽しんだ所で、
我々Moi dix Moisはちょっと早めに会場を後にした。










その後は、ホテルに戻り、一度リフレッシュし、
本格的な食事、本場のアメリカの血の滴るステーキを食しにレストランへ…

_MG_8266-400.jpg



IMGP0032-260.jpg

私はスタンダードなサーロインステーキにしてみました。

流石、ビッグ!

油の多すぎる和牛より、肉肉しいアメリカンビーフは結構好き。

IMGP0035-230.jpg

こうして、アメリカをしっかりと堪能し夜は更けていくのであった…





ホテルのスイートルームに「グリーンルーム」という部屋がゲストの為に設けてあり、
軽い食事と、バーがあり各種のお酒をだしてくれる。
Moi dix Moisのお酒大好きチームにとっては、まさにパラダイス!

初顔合わせのゲストのh.NAOTO氏とちょっぴり歓談したり…
Seth君が酔っぱらって、NAOTO氏に「h.NAOTOのhは、スケベのhだと思っていた!」とか
そうとう失礼な事言っていたぞ!(微笑)(hは、名字hirookaのh)
まぁ、お酒の席なので向こうもあんま覚えてないかもね。。。




こうして、眠らない街シアトルの日々が続いていくのであった…





次号、後編へと続く…



シアトル紀行 前編 楽しんでいただけたでしょうか?


後半はどんな事が待ち受けていたのか…



そして、
ライヴイベント最終日でのトリを見事につとめた
Moi dix Moisの勇姿をご覧いただきたい!



是非とも、次号を首を長くしてお待ち下さい。





















Mana様の辛口ファッションチェック!「RecスタジオSeth編」





暗黒耽美集団(微笑)Moi dix Moisの歌入れの為か、
なにやらファッションをゴシック風に決めて来たSeth。



まずは、歌入れをしている風景から見ていこうか!





st写真-250

力を込めている感じなので、恐らくヘヴィーな曲を歌っているのだろうか?

ずり落ちた肩から、怪しげなオーラが…

sthikari写真-250

光に向かい 祈るように歌う…これは新曲を歌っている時なのだろうか…



st-kikari写真-170

地下に光が差し込み、ホット一息できる、
スタジオでのちょっとした癒し空間。
エスプレッソマシンも常備してあり、ちょっとしたカフェ気分を満喫出来る。





ashi200.jpg



さぁ、今日のファッションポイントは、
なにやらこの足下らしい!

装いは、黒い肩がずり落ちたアンニュイなロング服に、下はレースのレギンス。

男なのに!レギンス!とはなんということだ!

しかもレース! Σ(@o@)ノノ

中性的を売りにしている私でも、レギンスは履いた事が無い!

その姿を見たときは吃驚!
男でも履いても良いんだ…と考えさせられたね ( ̄^ ̄ ;)ウーン


そして、一番のファッションポイント

足下には、キラリと光る十字架のアクセサリー。

まるで、女性の如く優美、華麗なファッション!

普段は、私よりも中性的なファッションに身を包んでいるSeth
意外だろう?


赤い腰まである長い髪、レギンス、
これは女性に間違われるのではないだろうか?

と、本人に聞いてみた所、間違えられる的な事は言っていたぞ。


今後の衣装展開の幅が広がりそうだ。



Mana様の辛口ファッションチェック「RecスタジオSeth編」でした。
いうほど辛口ではないって? (ー_ー;)…














Digital魔導書 ver.4

楽しんで頂けましたでしょうか?






それでは、また次号でお会いしましょう。







Avec amour…





Mana











madousho250.jpg

Digital魔導書は、有料コンテンツのため、画像および文章の無断転載を禁止します。

Reproduction or appropriation of HTML,text,images and photographs from within this site is prohibited.
Please do not reproduce without prior permission. If found, access from your country will be disabled







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。